鈴の歴史

HOME | 鈴の歴史 | 鈴の歴史

鈴の歴史

鈴とは鳴器の一種で、空洞の球形または扁球形に細長い裂け目と吊り輪をつけ、中玉に金属または小石を入れたものです。
 
本体の材質はおもに金属(鉄・真鍮・銅等)と土鈴など土を用いたものもあります。
古代未開民族のあいだで音響が悪魔を払う効力をもつとされ、祭事などに用いられました。これが舞踏と結びつき装飾や楽器などに使用されるようになったといわれています。
 
日本の弥生時代には銅製のものが現れ、古墳時代になると環鈴、牛鈴、足結鈴、鈴鏡、鈴釧など作られ、駅馬の制度が出来ると方形の駅鈴も現れました。
 
現在神社でお参りする人が鈴を鳴らすようになったのは江戸時代後期になってからです。
鈴の清らかな澄んだ音色は、お参りする人が鳴らす事で払い清めるという意味をもっています。
 
御守に付いている鈴や土鈴の置物などには、魔除け、厄除け、開運などの意味が込められています。

株式会社 立石鈴店

〒124-0012
東京都葛飾区立石2-28-2
お電話でのお問合わせ

03-3693-3658