営業品目

HOME | 営業品目 | 営業品目

営業品目

和鈴

切りカン鈴

材質は主に鉄。本体中央に土星の輪のようなツバがあるのが特徴です。
昔ながらの日本の鈴。祭り(ねぶた祭り等)、授与品(破魔矢等)に使用され、また正式な楽器としても使われています。
 

招福鈴

材質は真鍮。高価格ではあるが、形状、音色ともすばらしいです。
 

ハート鈴、星鈴、太鼓鈴、絵馬鈴

材質は鉄。通常鈴は、プレスによるカシメあるいはろうづけによる溶着で完成させます。この4種はスポット溶接の技術を応用して作成します。
これにより安価な鉄材で特殊な形状を作成する事が出来ます。
 

本坪鈴

材質は真鍮。主に京都、高岡などで手作りで制作されます。神社の拝殿に吊るし、参拝のお清めに用いたり、御神輿に使用します。

宝来鈴

よく使われている一般的に鈴。「宝来=宝が寄ってくる、金運があがる」という由来のある縁起の良い鈴です。
材質は真鍮。一枚材を丸く加工して作成します。生産量も多いため比較的低価格な商品です。表面加工も、パール塗装・ガラスビーズメッキ等いろいろな処理を行う事が出来、授与品(御守り等)、観光物産品など多様な商品に用いられます。

 

プラスチック鈴

材質はプラスチック。主にぬいぐるみの中に入れ使用します。


水琴鈴

材質は真鍮。ハーモニーボールと呼ばれ、原産国はメキシコです。特殊な作成方法で、本体は丸く普通の鈴のような、切れ目がありません。中にオルゴールの鍵盤状のものがあり、その上を金属片が移動することで音が奏でられます。
いままでの鈴とは違う、癒しの音色を聴くことができます。


キャラ鈴

材質は真鍮。真鍮材をなまし(焼鈍)柔らかくして、いろいろな形状に加工します。
ろうづけにより溶着します。キャラクター人形や花、自動車などとてもかわいらしい商品です。


ベル

材質は鉄。リバティベルとも呼ばれ、教会の鐘の形状をしています。
クリスマスにおいての需要が多く、手芸、装飾品として使用されています。


カウベル

材質は鉄。もともと牛の首に使用されました。
観光物産品、特に牧場関係の商品に使われています。

成型品
ポリレジン成型品

主にフィギアを作成。型はシリコン。型が安価なため、小ロットの商品向けです。

PVC成型品

主にフィギアを作成。型は金属。型が高価ですが、製品の精度が高く、大ロット向き

ABS成型品

主にパーツを作成。型は金属。PVCとの違いは材質に柔軟性が無いこと、安価です。

アセチ成型品

主に液体封入商品を作成。水守り・塩守り・砂守り等の商品です。
 

木工製品

正木・合板を使用します。絵馬・木札等の商品です。

繊維製品

材質は主にアクリル・ポリエステル・綿。根付・ストラップ・たすき等に使用します。

その他

水晶加工品・天然石腕輪等の商品です。

株式会社 立石鈴店

〒124-0012
東京都葛飾区立石2-28-2
お電話でのお問合わせ

03-3693-3658